環境を守る昆布から生まれたクッキーです。
見た目もコロコロと可愛らしく、サクッ+ホロッとした食感を楽しめます。

ほのかに香る、昆布

人にも地球にも嬉しい、CO2削減のために養殖された昆布をクッキー生地に練り込みました。
養殖の元となる種昆布は、北海道産の真昆布。
旨味が強くクッキーにしてもしっかりと「昆布」感があります。

少しだけ加えた塩味が昆布のうま味を引き立てて、ふわりと磯の香りを運んできます。
サクサク食感と甘じょっぱい美味しさに、手が止まらなくなったらごめんなさい。

小さな見た目を侮るなかれ

一口サイズの小さなクッキーですが、環境保全活動の一翼を担う優れもの。
*ブルーカーボンの取組みで育てられた養殖昆布を使用しています。

ブルーカーボンの取組みでは、昆布をつかって二酸化炭素の削減に取り組んでいます。
地球上のCO2の大半は海に溶け込んでいるため、光合成を行う海藻を養殖することで海中のCO2を削減することができます。
昆布は1年で刈り取られ次の年に新しく養殖するため、植林による二酸化炭素吸収より効率が良いと言われているそうです。

秋に種付けされた昆布は、翌春に水揚げされます。
この養殖昆布の存在を知ったのは3年前。物珍しさも手伝って、以来毎年水揚げの手伝いに伺っています。
昆布の存在が気になったら、里海イニシアティブを検索してね。

*ブルーカーボンの取組みはこちらの記事を参考にしました
参考:Gyoppy
「おっちゃんの話は聞くな」CO2を出せない時代に、横浜から始まる変革